忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

 

昨日は『習字の日』だったんですけど、

先生の風邪がやっぱり治らずお休みdayとなりました。

 

先生、ほんと大丈夫なのかな~。

心配なのねん。

 

疲れていたのか、それともだらけていたのか

いつもより早い時間に

「ぐ~すかぴ~」夢の中。

 

見たいニュース番組を見逃してしまいました。

まぁ、そんなこともあるさです。

 

 

小さい頃に大好きだった絵本があります。

「絵本といったらこれ!!」と言っていいぐらい好きだった一冊。

 

a293c149.jpeg ee2925cc.jpeg fe554b0b.jpeg

 

 

作 香山 美子さん   絵 たむらしげるさん

『いい ことは ひとつずつ』

 

毎日って言っていいほど、読んでもらっていました。

 

いまだに母とおばあちゃんに、

「ちひろはこればっかり読んでって言ってた」と言われるくらい。

 

きっと読む側からしたら、「またこれ~」て思ってたに違いない。

でも、いまだにこれがすきです。

 

「なんでこれを?」と思うんですが、

よく自分ではわからないんですよね~。

 

生活の中で、仕事をしたり。

学校に行ったり。

家事をしたり。

勉強だったり。

子育てをしたりと。

毎日大変で、忙しくて。

いいことばかりじゃなくて、ちょっぴり悲しかったり。

なんだかな~って思ってしまいますよね。

 

そんな毎日の中にでも、

きっと、ひとつは『いいことはあるんだ』ってことを思うんですよね。

 

悲しみの隣に寄り添うように『いいこと』がある。

 

この絵本の主人公の絵描きさんも、

退屈な雨の日に、自分の描いた絵から、

沢山の来客者が、絵を描いてほしいと遊びに来るんです。

もう、これがひとつの『いいこと』

 

その来客者たちが、

今度は自分の誕生日を忘れていた絵描きさんの為に、

誕生日パーティーをしてくれるんです。

またここでも『いいこと』が、

 

誰にでもある、『いいこと』を教えてくれた絵本。

だから好きだったのかな~。

みんなが笑っていて幸せが伝わってきたからなのかな~。

 

小さい頃の私は、そこまで理解していたかわかりませんが、

子供なりに何かを感じとっていたのかもしれません。

読んだあとに、少し嬉しくて

「私も絵描きさんのお家に遊びに行きたい」と思ったのを覚えています。

 

『絵本』って大人になるほど、胸を強く打たれるというか、

「本当に深い話だな~」って思わされることが多くて。

読み聞かせている、大人のほうが世界に入り込んでいるような気がします。

 

いつか、子供を授かるような時がきたら、

沢山絵本を読んであげたいと思っています。

 

小さい頃、母が毎晩絵本を読んでくれていたように。

わが子にも、大好きな絵本を見つけてあげられたなら、

毎日同じ絵本でも、読んであげたいな。

 

我が家では、落ち込んだりすると

誰かが必ず「いいことはひとつずつだよ」って教えてくれるんです。

 

だからいつも心のどこかに、

『いいことはひとつずつ』

 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ページトップ
<<大寒   HOME   ようこそ>>
忍者ブログ [PR]