忍者ブログ






大寒を迎えた朝

澄みきった青空に響く木槌の音

威勢のいい声たち

希望と楽しみを願うように光が射し

この日を迎えたことを祝福していました。








何度も経験した上棟式

でも一棟一棟に思い出があり

そしてドラマがあります。








みんなの思いが詰まってるから

この日はやっぱり特別なんだね。







ぼくたちも工事の練習中

「いつかおおきなおうちをつくるんだ」






大寒とは思えないほどの暖かい日で

蠟梅の蕾が膨らんでいました。

春の風が少しずつ吹き始めているようです

今日もまた太陽の温かいまなざしを感じています。









ちひろ



      

拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ページトップ
<<小林紀行   HOME   冬の光>>
忍者ブログ [PR]